エングレイ&シフ

|En gry&Sif ーフェルト素材を生かした、手作りのプロダクトー

エンGRY&SIFはフェルトを使ったバッグや小物等を作る
GRYとSIF姉妹によるデンマークのブランドです。

デンマークでデザインされた製品は主にネパールの女性労働者たちによって作られています。
一つ一つが手作りという温もり溢れるプロダクトです。
ポーチ

|ENgry&Sif ーエピソードー

インド、ネパールへの旅
仕事で多忙な日々を送っていたGRYとSIF姉妹は、一旦仕事を止め新たなインスピレーションを求めてインドとネパールへ3ヶ月間の旅に出発します。そこで彼女たちは、インドのカトマンズ付近の小さな村で、地元の女性が作るフェルトを使った珍しい物を発見し ます。
二人はこの美しいフェルトを使った製品が出来ないかと考えました。こうしてen GRY&SIFが誕生しました。
フェルト製品の誕生
コペンハーゲンに戻ると、二人はビジネスのアイデアを模索しました。ネパールフェルト羊毛とユニークなスカンジナビアデザインを併せ持つ 製品を提供しいたいと考えます。その結果、柔らかいおもちゃやぬいぐるみから洗練された刺繍フロアクッションに至るまでの製品のシリーズを 思いつきました。
エンGRY&シフの"en"は"One"を意味します。全ての製品は手作りであるため、一つ一つが異なりそれぞれ唯一の"One"があります。
トートバッグキノコ

size
フェアトレード
良い労働条件や適正な報酬は当然のはずですが、残念ながらこれらはどの国でも必ずしもそうではない場合があります。エンGRY&シフは10年以上にわたりネパールの取引先と共同で運営しており、常に製品が良い労働環境の下で生産されることを重視していました。 これらの働きは世界フェアトレード機関によって認定され、2009年にデンマークにおいて業界初の企業となりました。また認定までには長い時間がかかりました。

フェルトの質感を充分に生かした作り
このブランドの一番の特徴は、何といってもフェルトの持つ魅力を、十分に引き出していることではないかと思います。それが個々の製品の持つ機能と上手く調和して、絶妙なバランスを生んでいます。また一つ一つが、手作りという温もりにも溢れています。
さりげないデザイン柄
北欧デザインの特徴である良い意味での素朴さ、さりげなさも兼ね備えています。アクセントとしての控え目でセンスのよい刺繍飾り等、北欧ならではのセンスが溢れています。