北欧モダンデザイン広場ロゴ
HOME > 雑貨・小物> イッタラ タイカ ティンボックス
イッタラタイカティンボックス

フィンランド人アーティストが描く、
北欧の幻想的な世界

イッタラのテーブルウェア”タイカ”で一躍有名になったフィンランド人アーティスト:クラウス・ハーパニエミ氏。日本では伊勢丹のワンダークリスマスのポスターやディスプレイも手掛けました。

そんなタイカシリーズの中には、ティンボックスがあり、手軽にクラウス・ハーパニエミの世界観を楽しむことができます。「イラストを手がける際には、ストーリー性を重視する」という氏のスタンスが、缶一面にぐるりと色濃く表現されており、見る者を惹きつける魅力があります。

イッタラ タイカティンボックス

|魔法の世界が生む、幻想的なイラストレーション

タイカとはフィンランド語で”魔法”を意味します。この作品はフィンランドの自然や、森の中に住むフクロウ、鳥がモチーフとなっており、それらが幻想的な魔法の世界感の姿で表現されています。とてもファンタスティックですね。

 

クラウスさんは自身の作品にストーリー性を持たせることを重視するそうで、この作品もまた故郷のフィンランドの自然をインスピレーションを得て、独自のストーリーを生み出すことに成功しています。
イッタラ タイカティンボックス

|サイズが大きいから、たくさんモノが入ります

一面に描かれたイラストを、思う存分生かすかのように作られたティンボックスは、比較的大きなサイズです。丸型はソフトボールが二つ入ってしまうくらいの大きさ。ボックス型も大きく収納性があり、色々な物が入りそうです。

|収納できそうな物

お菓子類/裁縫道具類/子供の玩具類/生活雑貨小物/アクセサリーやキーホルダー/紅茶のティーバック入れ等
イッタラ タイカティンボックス

●丸型もソフトボールが二つぐらい入る大きさがあります。
 

 
イッタラ タイカティンボックス 寸法
● メーカー イッタラ/iitalla(フィンランド)
● デザイン パターン:クラウス・ハーパニエミ/本体:ヘイッキ・オルボラ
● サ イ ズ 丸型:W12.8cm×H19.5cm×D20.0cm/ボックス型:W28.0cm×H13.0cm×D17.8cm
● 材  質 ブリキ(すずメッキ) 
● 生 産 国 made ind Thailand

|アーティスト&ブランド

イッタラ

■イッタラ iittala 1881年〜

イッタラは、1881年にガラス工場として設立されました。1920年代から1930年代にかけイッタラは、家庭用品の生産を継続するとともに、実験的で芸術的な商品を作るベンチャーへと拡大しました。 その時期にアルヴァ・アアルト、オイヴァ・トイッカ、タピオ・ウィルッカラらが活躍したようです。 現在ではアラビア、ロールストランド=グスタフスベリ等を傘下に置き、フィンランドを代表する企業へと成長を遂げました。
クラウス・ハーパニエミ

■クラウス・ハーパニエミ Klaus Happaniemi/フィンランド 1970~

幼少時に見たロシアのTVアニメに影響を受けて、イラストレーションへの興味を持ちます。フィンランドのラハティ応用科学大学のグラフィックデザインを専攻しています。リーバイス、マリメッコ、ドルチェ&ガッバーナなど数々の有名企業へのデザインを提供しており、現在はロンドンを拠点に活動し、自身のブランドも立ち上げています。日本では2010年開催の伊勢丹クリスマスのメインビジュアルや、ディスプレイ等も手掛け、一躍有名になりました。おとぎ話に出てくるような独特なイラストのタッチが、人気を博しているようです。
クラウス・ハーパニエミ