北欧モダンデザイン広場ロゴ
HOME > テーブルウェア > マリメッコ マグ&カップ
ムーミンマグカップ

 

ムーミンマグカップ

|毎年発売される新作が楽しみ

マグのスタンダードと言えばウニッコなんですけど、変わった柄が発売されたのが恐らく2005年ぐらいからだと思います。毎年パワーアップして行く様が見ていて痛快で、特に2012年頃のシカをモチーフとしたマグは、今では入手しづらくなっています。新しいデザイナー達が作り出すデザインが、また違った魅力があってとても良いのです。
 

 

2016年も新たに複数のシリーズが発表されたのですが、これもまた今までとは違った魅力があり、特に「お天気日記」と名付けられたサーパイヴァルキヤなんて、水彩画のタッチで”滲み”がそのままパターンにされており、とても神秘的なデザインになっています。 これからはテーブルウェアも”マリメッコ”が活躍しそうです。

ムーミンマグカップ
ムーミンマグカップ
マリメッコ マグ マリメッコ マグ マリメッコ マグ マリメッコ マグ

|ブランド

トーベ・スロッテ・ エレバント

■マリメッコ marimekko 1775年〜

その始まりは1951年、アルミとヴィリオ・ラティア夫妻によって、‘斬新’‘ユニーク’‘飽きのこない’かつ‘美しい’商品を戦後のフィンランドに生み出したという強い思いをコンセプトとして誕生しました。著名なデザイナーを起用した、とてもカラフルなテキスタイルが特徴で、ジャクリーン・ケネディがマリメッコのドレスを愛用していたことが報道されたことで、アメリカでの知名度が急上昇したようです。その後も鮮やかな配色と図柄が印象的なテキスタイルは、性別・年齢を超えて、世界中の人々から愛され続けています。